ウルセラの場合、冷却したり、麻酔の軟膏剤は、たいてい気休めというのが心づもりで、それほど苦痛を緩和する効能はありません。

また、顔総てに局部麻酔を予防接種することはできますが、プラクティカルではありません。また、ブロック麻酔の際は、麻酔が効力を発揮する威力が僅かなので、効かない部分は苦痛が大きいです。

やはり、点滴麻酔(静脈麻酔)で、苦痛を完全になくすようにして実行することが最善策ではないでしょうか。

その他の失敗しないウルセラの治療のポイントには、100%の力(最大出力)と夥しい放射数、適正な奥行きと方角に放射といったものがあります。

そして、ウルセラは、きつい苦痛が伴うので、本質的には点滴静脈注射麻酔(静脈麻酔)で行うことをおススメします。そうすることにより、ウルセラ時に苦痛をさほど感じずにすみ、なおかつ顔のたるみの無敵の医薬ツールであり続けてくれるでしょう。特にウルセラは、たるみのリフト関連においては、効き目抜群だと思います。

このページの先頭へ