ウルセラは苦痛や副作用が特にありません。照射中は、額部分だと熱を持ったりしますが、麻酔なしでも平気なので心配は要りません。痛みが辛い場合は、局部麻酔も可能です。

照射後の皮膚へ後遺症は0に等しいです。また、神経系への刺激によりムズムズとしたしびれ感や変な感じを覚えることもありますが、恒久的な神経障害などのルポもなく、とても安全な療法です。

なので副作用や後遺症などの不安は殆どないですが、たまに照射する部分を間違えると皮膜が段がついてしまいます。その場合、一月くらい放っておくとひとりでに快癒しますが、手間隙をかけてオペを受けたのにとうなだれてしまいます。

このような危険を避けるために、ベテランのドクターのいるクリニックを選択し、オペを受けるなければなりません。また、ほかのオペと比較検討すると、レーザー光線をピンポイント照射するのでエコー画像をしかと追認しつつSMAS筋膜に接近する須要もあります。

神経を避けて照射しなければならないので、ドクターが解剖学的ストラクチャを予めしかと把握していることも大事です。美容外科や診療所ではドクターとしてのキャリアがないまま起業している場合もあるので、ドクターの職歴をしかと追認し、内科、外科、形成外科などの実務経験のあるなしを確認しておきましょう。

このページの先頭へ