「切らないたるみ治療」とは?

「切らないたるみ治療」美容外科クリニックで行われている「切らないたるみ治療」は、文字通り皮膚を切開することなくたるみを治療していく方法です。

「切らないたるみ治療」には、薬剤(注射・点滴など)を使用してたるみを改善する方法、針や糸(金の糸・美容針など)を使用する方法、医療機器(レーザー・超音波など)を使用する方法といった、複数の方法が用いられています。

メスを使う「切るたるみ治療」に比べ身体にかかる負担が少ないのが特徴で、手術が不安な方にも受けやすい治療法となっています。ただ、たるみの範囲や状態によっては「切るたるみ治療」のような、即効性の効果を得にくいという面もあるようです。しかし現在では、医療機器や医療方法の飛躍的な進歩もあって、以前より治療による改善効果は断然上がってきているそうです。。

皮膚のたるみにおススメの治療法

真皮層が縮んでしまったことによって起こる「皮膚のたるみ」を改善するのにおすすめの切らない治療法は、真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促す効果のある「ウルセラシステム」「タイタン」「リファーム」「サーマクール」といった医療機器での治療です。

高密度の超音波によって肌の一番奥にある真皮層に熱エネルギーで刺激を与え、コラーゲンの生成を促すことによって「皮膚のたるみ」症状の改善をしていく方法です。

これらの治療法は、高須クリニック・セオリークリニック・クロスクリニックなどで受けることが可能です。

脂肪繊維のたるみにおススメの治療法

真皮層や骨と脂肪層をつなぎ止めている脂肪繊維が伸びてたるんだことで、脂肪層がずれ落ちたことによって起こるのが「脂肪繊維のたるみ」です。この症状におすすめの切らない治療法が「リードファインリフト」「フェザーリフト」といった、特殊な糸を使ってリフトアップを行う方法です。

伸びてしまった脂肪繊維の代わりにずり落ちてしまった脂肪層を引き上げるだけでなく、糸周囲にコラーゲンの生成を促す効果も望めるため、肌にツヤやハリも生まれます。

これら糸を使った治療法は、高須クリニックやセオリークリニックなど、おすすめのクリニックで受けることが可能です。

脂肪ネットのたるみにおススメの治療法

脂肪層を包み込むようにして支えている脂肪ネットが伸びてたるんでしまう事によって、脂肪層が下がってしまうのが「脂肪ネットのたるみ」です。この症状におススメの切らない治療法は、たるんだ脂肪層を引き締める効果のある「サーマクール」「マエストラ」といった医療機器や「金の糸」「新世代スレッドリフト」といった糸を使った治療です。

いずれも広い範囲にコラーゲンの生成を促すことのできる治療法で、効果の持続性も期待ができます。

これらの治療法は、高須クリニック・セオリークリニック・オザキクリニックなどで受けることが可能です。

むくみのたるみにおススメの治療法

「むくみのたるみ」は、皮下組織から脂肪層にかけて余分な水分が溜まり、むくみ(浮腫)が起こることによって発生するたるみの症状です。この症状の改善におススメの切らない治療法が、「マエストラRF」という医療機器です。

2種類の高周波を組み合わせて照射することで、溜まった水分を取り除きながら(レーザー・超音波など)肌の引き締めとコラーゲンの再構築が望める方法です。こちらの治療法はセオリークリニックで受けることが可能です。また、同様の効果が望めるものとして「トリニティプラス」という医療機器もあるそうです。

こちらは高須クリニック名古屋院・オザキクリニックで受けることが可能となっています。

このページの先頭へ