「首のたるみ」とは?

「首のたるみ」とは?顔のお手入れというのは、みなさんとても頑張っていらっしゃると思います。しかし、顔のお手入れはしてもそのすぐ近く、「首」のパーツも一緒にお手入れしている、という人は少ないのでは?

首は、年齢が出やすいにもかかわらず、お手入れの盲点となってしまうパーツ。気付いた時にはかなり症状が進んでしまっている…なんて場合もけっして珍しいことではないのです。

首のたるみは、加齢による筋力の低下で、脂肪や皮膚が伸びてたるむことによって起こります。二重あごや首の横じわがはっきりと表れ、フェイスラインをぼやけたものにして、顔全体を老けた印象にしてしまいます。また加齢の他にも、顎の下などに脂肪が溜まりやすい急激な体重の増加や骨格などが、首のたるみの原因となるそうです。

「切らないたるみ治療」による施術法

「切らないたるみ治療」による施術法美容外科クリニックで行われている「切らないたるみ治療」の中で、首のたるみ解消におすすめなのが、医療機器を使った施術と糸を使った施術法です。医療機器では、ウルセラシステム・サーマクールなど、たるんだ皮膚を引き締めるものが有効とされています。

中でもウルセラシステムは、高密度の超音波によって皮膚の下にある筋肉を引き上げてたるみを解消するマシンですので、筋力低下が主たる原因である首のたるみには特に効果が高いとされています。。

また、糸を使用してたるんだ皮膚や脂肪をリフトアップする施術法も、たるみの解消だけでなく美肌効果も期待できることから、希望される方が多い治療法となっています。。

ウルセラシステムは、高須クリニック・クロスクリニックなど、糸による施術法はほとんどの美容外科クリニックで受けることができます。

「切るたるみ治療」による施術法

「切るたるみ治療」による施術法たるみの改善効果が大きく即効性もあり、また長く効果を持続できるという点が最大のメリットである「切る治療法」。特にたるみの症状が重い場合であれば、余分な皮膚は切除し、脂肪は吸引で取り除くこちらの施術法が一番効果的だと言えます。

フェイスリフト術では、フェイスライン全体のたるみを改善し肌の引き締めを行っていくため、若返り効果も非常に高いと言えます。ただし、メスを使った手術であるため、術後の腫れや傷跡が引くまでの時間(ダウンタイム)が必要となります。

効果は高いですが、デメリットの面についても医師としっかり相談して、治療法を決定していきましょう。「切るたるみ治療」については、やはり老舗である高須クリニックや、東京青山クリニックの評価が高いようです。

このページの先頭へ