「目の下のたるみ」とは?

「目の下のたるみ」目はもともと皮膚が薄くデリケートな部位で、顔の中でも加齢による影響が最も出やすいパーツと言われています。

年齢が若いうちは目の周りの筋肉がしっかりと皮膚や脂肪層を支えているのですが、加齢により筋肉が徐々に落ちてしまうと、重力に逆らえず皮膚や脂肪が下へとたるんでいってしまうのです。

こうなると目の下にある「涙袋」と呼ばれる部分が膨らむ形で影ができ、俗に言う“クマ”が出現するのです。すると、老けた印象を与えてしまうだけではなく、常に疲れているような印象も人に与えてしまいます。人目につきやすい部位ということもあり、多くの方が気にされているたるみ症状の一つです。

「切らないたるみ治療」による施術法

「切らないたるみ治療」による施術法気になる目の下のたるみを改善するために、セオリークリニックなど多くのクリニックでは複数の「切らないたるみ治療」を提供しています。

その中の一つが目の下の「脂肪吸引」です。これはメスを使わずに、瞼の裏側から余分な脂肪を吸引して膨らみを小さくする人気の方法です。また、たるんでしまった皮膚を持ち上げる、「ヒアルロン酸注入」も希望される方が多い施術方法。デザイン性があることや、他の施術方法に比べて身体への負担も断然少なく、料金的にも手頃な所などが魅力となっているようです。

もちろん、糸を使った施術法や、医療マシンによるレーザー治療なども、改善効果の高い「切らないたるみ治療」です。

>>切らないたるみ治療の詳細へ

「切るたるみ治療」による施術法

「切るたるみ治療」による施術法目の下のたるみ治療として、メスを使った「切る治療」も多くのクリニックで取り入れている改善のための施術方法です。

皮膚の一部を切開して引っ張り上げることで、目の下のたるみを改善していきます。垂れて伸びてしまった皮膚を手術によって取り除きますので、術後のダウンタイムは必要となりますが、それでも効果の即効性・持続性においては施術法の中でも一番だと思います。

切開は下まつ毛の生え際に沿って行われるため、術後に傷口が目立つということもなく、また目の周りは皮膚が薄いため治りもキレイに仕上がるそうで、満足度も高いとのこと。高須クリニックや東京青山クリニックなどは、執刀する医師の技術力が高いということもあって、「切るたるみ治療法」を選択する人も多いそうです。

>>切るたるみ治療の詳細へ

このページの先頭へ