「切るたるみ治療」とは

「切るたるみ治療」美容外科クリニックだからこそできるたるみ治療、それこそが「切るたるみ治療」です。

なぜ美容外科クリニックでしかできないのかといえば、「切る」という言葉通り、この治療はメスを使う切開手術を行い、症状を改善していく方法のため、国家資格を持つ医師でしか行うことができない医療行為。

「切るたるみ治療」では、皮膚の一部を切開し引っ張り上げることでたるみを解消する手術を行います。伸びてたるんでしまった余分な皮膚はこの時に取り除かれます。ですが、メスを使っての手術ですので、ダウンタイムの長さや痛みといったデメリットを考え不安視する方も少なくありませんが、医療技術の進歩もあり、たるみ症状が重い方やしっかり改善したいという方から高い支持を得ています。

たるみ症状の種類を問わない~切る治療のメリット

「切るたるみ治療」では、たるんでしまった皮膚を引っ張り上げ、余分となってしまった皮膚は切って取り除くという、ある意味とてもシンプルで根本的とも言えるたるみ治療を行います。この方法の最大のメリットは、たるみの種類や範囲を問わず効果を期待できるという点でしょう。

手術と言うとネガティブな印象がありますが、最新の医療技術では部分的なリフトアップ施術としても可能性が広がっており、多様なお悩みや要望により柔軟に対応できるようになっています。治療効果の即効性や持続性といったものも、他の治療法に比べて高いというのも、「切るたるみ治療」のメリットであると言えます。

痛みやダウンタイムが不安~切る治療のデメリット

たるみ治療効果が高い「切るたるみ治療」ですが、その分確かにデメリットも存在します。多くの方が不安視するように、メスを使って皮膚を切開する施術法になりますので、どうしても腫れや痛み、切開部の傷跡、ダウンタイムの長さなどがデメリットとして挙げられてきます。しかし現在、美容医療の進歩とともにこうしたデメリットも解消まではいきませんが、以前と比べ少なくはなっているようです。

とはいえ、大事な肌のこと。治療をお願いするなら、メリットばかりでなくデメリットについてもきちんと説明してくれ、あなたが信頼できると確信した専門医・クリニックを選びましょう。

また、施術費が高額なのもこの治療のデメリットの一つ。しかし、切らない治療でも回数を重ねることになれば、結局切る治療より高額になることも…。技術面はもちろんですが、こうした費用面でも真摯に対応してくれるというのも、クリニックの信頼度をみる大切なポイントになります。

このページの先頭へ