美容外科クリニックのたるみ治療法

>美容外科クリニックのたるみ治療法とは?お肌の悩み「たるみ」には、人によって症状の違いというものがあり、それに対応しより自然に症状を改善できるよう、美容外科では日々新しい治療法が研究・開発されていっています。

美容外科クリニックに複数あるたるみ治療は、大きく分けて「切らないたるみ治療」と「切るたるみ治療」の2つに分類することができます。

治療法にはそれぞれ効果や施術の特徴や費用の違いがありますので、あらかじめどのような治療法があるのかを知っておけば、カウンセリングで医師と治療法を検討する時に、自分の希望に近い治療法を選ぶのに役立つことでしょう。

切らないたるみ治療

切らないたるみ治療とは、メスで皮膚を切開することなくたるみを治療していく方法です。切らない治療法は「注射」「点滴」「治療機器」「針・糸」を使って、たるみの要因を取り除き症状を解消していく方法となります。

注入する成分や使用する糸や美容機器は、もちろん人体に影響の少ないものですし、痛みやダウンタイムの心配も少ないため、美容治療の初心者には始めやすい治療方法と言えます。しかし、改善効果やその持続性は切る治療法と比べると低い傾向にあるため、どちらかといえばたるみの症状が軽めの方に向いている治療法となっています。

>>切らないたるみ治療の詳細へ

切るたるみ治療

切るたるみ治療とは、文字通り皮膚を切開する手術でたるみを治療していく方法です。手術には「皮膚を引っ張る」方法と「脂肪を除去する」方法があります。

たるんでしまった皮膚を伸ばしてリフトアップさせた状態で縫合していくので、効果・持続性ともに期待のできる施術方法です。また、美容を目的とした手術ですので、縫合跡なども目立つことはありません。たるみ症状が広範囲である方や症状の重い方には、おすすめのたるみ治療方法と言えますが、切開術のためダウンタイムや痛みなどのリスクがあるのも否めません。

>>切るたるみ治療の詳細へ

目の下のたるみ治療

皮膚の薄い目の下はたるみが生じやすい場所です。目は顔の中でも特に印象を左右するので、目の下がたるんでいると老けた印象、疲れた印象を与えてしまいます。

目の下のたるみ治療にも、「切らない治療」と「切る治療」があります。「切らない治療」はいわゆるプチ整形と呼ばれるもので、比較的低価格で受けることができます。「切る治療」の場合は前者よりも値段がはる場合が多いですが、効果や持続性に優れています。自分が何を一番に優先するのかを考えた上で施術を選ぶとよいでしょう。

>>目の下のたるみ治療の詳細へ

首のたるみ治療

首がたるむとフェイスラインがぼやけ、顔全体が老けた印象に。顔と違い普段あまり気にしない場所なだけに気づいたらかなりたるんでいた…というケースも。

首のたるみ治療も目の下のたるみ治療同様、「切らない治療」と「切る治療」があります。「切らない治療」は最新の機器を使い、痛みも少なく気軽に受けることができますが、「切る治療」の場合は、皮膚の切除などを行う場合があるので経験豊富な技術の高い医師を探しましょう。

>>首のたるみ治療の詳細へ

このページの先頭へ