顔のたるみやほうれい線が目立ってきたというような悩みを抱えている人は、自分の習慣を見直してみることが大事です。もしかしたら、頬杖をついていることが多いかもしれません。

実は、頬杖をつくと、顔のたるみの原因になってしまいます。頬杖をつくことだけが原因とは言えませんが、常に頬杖をついてしまっている人は、それをやめるだけでも多少は効果があるはずです。すぐにやめることをお勧めします。

また、顔のたるみやほうれい線の目立ちなどは老けて見られる原因となります。そして、乾燥肌になってしまうなどの肌トラブルの原因となってしまうこともあります。いつまでも若々しく潤いのある肌を維持したいというのなら、頬杖をつくという無意識的な習慣を意識的に改善していくことが大事です。

頬杖をつく習慣というのはたいてい無意識にやってしまっているものです。それを意識して正していくというのは、最初はとても大変かもしれません。手とあごに挟まれた皮膚は圧迫刺激を受けるため、それによって血流が悪くなり、肌の老化現象へと繋がってしまうということを覚えておくだけも、意識的にやめようと思えるようになることがあります。

それから、頬杖をつくと顔の骨格も歪んでしまうことがあります。筋肉までも歪んでしまうので、これによって顔にたるみができてしまうというわけです。それに、手にはたくさんの殺菌があることから、その最近が顔の皮膚に移ってしまうこともあります。このように原因を知るだけでも、改善できるようになってくるものです。

このページの先頭へ