エステサロンで行われているたるみ改善施術とは

エステサロンでのたるみ施術美容外科クリニックでのたるみ治療とともに、多くの人から人気を得ているのが、エステサロンでのリフトアップ施術です。エステサロンで行われている施術では、美容効果の高い化粧品を使用し、資格を持ったエステティシャンによるリンパマッサージや美容マシンを駆使しながら、肌の状態を整えつつフェイスライン全体のリフトアップを目的としています。

リフトアップ効果に加えてリラクゼーション効果も高く、サロンの雰囲気などでちょっと贅沢な気分になれることなどが、女性から人気の理由となっているようです。

美容外科クリニックとエステサロンの違い

たるみ改善効果の高い方法として人気のクリニックとエステですが、そこで行われているたるみ施術の違いがわからない、という方も多いのではないでしょうか。もしかしたら、同じような内容だと思っている人もいらっしゃるのでは…?それでは、2つの違いについてご紹介していきましょう。

美容外科クリニックとエステサロンの一番の違いといえば、クリニックで行われているのは美容外科専門医師による「治療」で、エステサロンで行われているのはエステティシャンによる「施術」であるという点です。

エステとクリニックの違いとは?一見すると美容マシンの使用など、施術内容に似ているところも確かにありますが、「治療」と「施術」には大きな違いがあるのです。美容外科クリニックで国家資格を持った美容外科の医師が行っているのは、美容を目的とはしていますがれっきとした医療行為。切開を伴う手術や医師でなければ扱えない薬剤や医療機器の提供も、クリニックでしか受けられません。

一方、エステサロンで施術を行っているエステティシャンは、マッサージの技術や使用するマシンや化粧品の知識などを持った美のプロではありますが、民間資格であるため医療行為は行えません。そのため、美容マシンの出力の制限などがあり、クリニックでの治療に比べ効果が出るまで時間がかかってしまうといわれています。しかしながら、初めてたるみ施術を受けてみるという人には、クリニックよりも気軽な感じでたるみケアにチャレンジしやすい、といったメリットもエステサロンにはあります。

確実にたるみを改善したいというのであれば、美容外科クリニックでのたるみ治療がおすすめだと思われます。

このページの先頭へ