お家でしっかりたるみケアしたい!人気の美顔器とは

自宅たるみケア方法「美顔器」年齢を重ねることで起こってしまうたるみ症状は、老け顔を作る原因として多くの人がどうにかしたいと思っています。

たるみを解消する方法として、美容外科クリニックやエステに通うというのはあるけれど、その前に自宅で手軽にケアする方法はないものか…。そんな多くの声に応えるように、今美容家電業界では各メーカーにより様々な種類の「美顔器」が発表されています。

しかし興味はあっても売り場にはたくさんの製品があって、どれを選んだら良いのか迷ってしまっている方も少なくないのでは?そこで、どんなたるみケアをする「美顔器」があるのか、ご紹介したいと思います!

たるみケア用美顔器の種類

美顔器を使ったセルフケア自宅で手軽にしっかりとたるみケアをするためのアイテムとして、多くの人が注目している「美顔器」。これは、たるみの大きな原因として挙げられる筋力の低下に働きかけ、たるみを改善していくことを目標に開発された美容家電です。このたるみケア「美顔器」は、「イオン導入美顔器」「超音波美顔器」「スチーム美顔器」「ローラー美顔器」に種類を分類することができ、それぞれに特徴があります。

「イオン導入」は、微弱な電流を利用してビタミンC誘導体をイオン化し、肌の真皮層へ浸透させるのが特徴で、普通に塗るだけよりも約50倍の浸透力があるとも言われています。また、「超音波」は肌の奥を振動させそのマッサージ効果で血流改善・代謝促進を、「スチーム」はナノサイズのイオンスチームを当てることで肌の奥まで栄養とうるおいを、「ローラー」はたるんだ肌の引き上げと引き締めを、それぞれの特徴としています。

美顔器の改善効果

肌の弾力を左右する真皮層のコラーゲンやエラスチンは、加齢と共にどうしても減少していってしまいます。ですので、自宅でのたるみケアでもコラーゲンやエラスチンに働きかけ、活性化を促してあげることがポイントとなってきます。ただ、真皮層は肌の一番奥にあることから、そこまで成分を浸透させたり働きかけたりするのはとても大変。ですので、上記のような「美顔器」を利用してたるみケアを行うことは、とても効果的だと言えるのです。

ただし、自宅で行うセルフケアを目的とした製品ですので、クリニックの医療機器に比べ出力は弱く、継続して使用し続けないとなかなか効果が現れにくい、といった面もあります。また、重度のたるみ症状では対応しきれない場合も。早く効果を出したい、という希望がある方は、やはり美容外科クリニックでの受診がおすすめとなります。

このページの先頭へ